始めに

JMT 2015 055

小田和正風に「何から伝えればいいのか…」
分からないまま時は流れて、コレを書いているのは師走になったばかりの日。帰国してから2ヶ月以上も経っている。
帰国したということはそう、海外に行っていたのである。
8月下旬からアメリカはカリフォルニア州におよそ1ヶ月間、うち3週間程はシエラの大自然の中で“喰って、糞して、寝て、歩く”という至ってシンプルだが濃厚な生活をしてきた。
舞台はジョン・ミューア・トレイル。
長い道のりをテントや食料の入ったバックパックを背負って歩いて来た訳だ。俗に言うロングディスタンス・ハイキング、スルー・ハイキングと呼ばれるものだ。
だからと言って、(今のところは)劇的に人生が変わったと言うようなことは無いのだが。それでも何か変わったところは?と聞かれれば、ジョン・ミューア・トレイルを歩いて体重が6kg~7kg弱落ちた事と髭が随分と伸びた事かな。

Ultra Light Hikingと言うStyleとの出逢いによって僕の山歩きは頂上を目指す“点”から長く遠くへ歩くといった“線”へとシフトしていった。
それまでの僕の山歩きと言ったら山で作って食べる食事であったりテントで寝るといった事が楽しみであって歩くこと自体は辛いことも…。
それが、荷物をシンプル軽量にしたら歩くことが楽しくて気持ちいい。
すると、もっと遠くへもっと長く歩きたい、という気持ちがどんどん大きくなりいつしかウルトラライト・ハイキング、ロングディスタンス・ハイキングの本場を歩き体感したいという想いが芽生えたのだ。

海外旅行は友人達と行ったグアムのみ、勿論海外一人旅なんて初めての男が「行けば何とかなるでしょ!」と日本を飛び出しアメリカの大地を歩いた旅の記録をココに残そうと思う。

~Hiker NABE~

写真 2015-09-16 7 56 51